2017年06月30日

2017年6月24日 神戸世良美術館 開館25周年記念公園



世良美術館25周年記念公園.jpg




紹介文.jpg







すばらしい、感動的なコンサートでした。
お二人の共演はとても楽しく、音楽の豊かさに満ちあふれていました。
ほんとうにありがとうございました。

posted by セトモト at 14:59| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

2017年2月24日

田中先生 出版パーティ

田中先生の出版パーティで、クラシック界のすばらしい先生、
北浦洋子さん(バイオリン)、竹内素子さん(ピアノ)、とジャズをやらしていただきました。
ほんとうにありがとうございました。
夢のようでした。
北野町のセントジョージジャパンにて

01P1130541.JPG

03P1130537.JPG

02P1130549.JPG
posted by セトモト at 09:52| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

SADAO WATANABE Quartet2014

20140217132541_00002.jpg

すばらしいコンサートでした。
サキソフォンの勉強になりました。ありがとうございました。
がんばります。
posted by セトモト at 14:15| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

duo vol.2 ゲストヴァイオリニストを迎えて

20140217132541_00001.jpg

植木美帆さんのすばらしいコンサート。
ありがとうございました。
posted by セトモト at 14:13| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

音楽ホール 六甲のSATOMU にて

久しぶりに後藤ミホコさんの素晴らしいアコーディオン演奏を聴きました。
2012_10230004.JPG 2012_10230003.JPG
やはり彼女は日本一のアコーディオン奏者だと思います。
11月はNYでコンサートのこと。頑張って下さい。石橋幸さんのロシアの歌も最高でした。
ありがとうございました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

ウーファンのお弟子さん達のコンサート

御影の世良美術館にて
010.JPG 012.JPG
014.JPG 027.JPG
028.JPG 043.JPG
よく笑いました。とても楽しかった。
打上げは東灘の「四川」にて。すっかりごちそうになりありがとうございました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

奥田勝彦さんがリーダーの[Something Special]の 生ライブを楽しみました。

大阪堂島のライブハウス「Mister Kelly's」にて

熱気あふれる生ライブにびっくりしました。感動しました。

奥田勝彦(EB)
石川武司(P.Key)
岸本耕誌(G)
横山貴生(Sax)
浅川ジュン(D)
マイケル松本(Vo)

有名アーチストと共演しているミュージシャンばかりなので
迫力満点、最高でした。

ご案内いただいた奥田良子さん、ほんとうにありがとうございました。
谷口さんご夫妻、橋本さん、楽しい時間をありがとうございました。

P1010068.JPG
ライブハウスの隣にあるバーの外壁です。
瓦と漆喰の面白い表情をかもしだしていました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チェロの植木美帆さん、ピアノの山口亜弥子さんによるDuoコンサート ピッコロシアター小ホールにて

ワイルドでありかつエレガントなすばらしい演奏会でした。
すべての曲目にお2人の心が包み囲まれて、感動しました。

時に「ラフマニノフのチェロソナタop.19」は、息づかいも聴こえるぐらい、
激しい、力のこもった、しかし花が咲けるがごとくの演奏でした。

P1010065.JPG
ご案内いただいた植木さん、ほんとうにありがとうございました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

神戸マリンバソサエティ設立50周年記念 We Love Marimbaコンサート 兵庫県立文化センター 小ホールにて

台風がきているのにもかかわらず、会場はいっぱいでした。
今まで見たことも無い高度なテクニックを駆使しての、楽しくも熱のこもった
素晴らしいコンサートでした。
体中で表現するマリンバの力強さ、やさしさ、繊細さに明日の輝ける未来を感じました。
宮本慶子先生、間瀬尚美さん、皆様方ほんとうにありがとうございました。
2011_09030014.JPG
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

エスペランサのフルートとベースのライブ 三宮のピアジュリアンにて

奥田ご夫妻による久しぶりの楽しくも感動的なコンサートの
余韻にひたっている時に、とてもうれしいメールをいただきました。

「こんにちは。エスペランサの奥田です。
 先日は、お忙しい中、わたしたちのライブにお越しいただき、
 本当にありがとうございます。
 先生からお越しいただける旨のメールを頂戴したときから、
 とても嬉しい反面、とても緊張していました。
 前回お越しいただいた西宮のコンサートとは、ずいぶん違うので
 大丈夫かしら?と思っていたんです。
 でも、一番前にお座りになられていて、
 優しくステージを見てくださっているお姿が、そんな私の
 緊張をほぐしてくださりました。
 その上、終了後にお話できて、とても感動しています。
 メールではとてもうまく伝えることはできませんが、
 とってもとっても嬉しかったんです。ありがとうございました。
 また、ご一緒にお越しいただいた谷口様が、今年7月に
 私たちのコンサートを聞いてくださっていた方だとは驚きです。
 7月のコンサートのとき、終了後に勝彦さんのベースに興味を持たれて
 私たちに会いにきてくださったんです。
 おふたりがお知り合いで、ご一緒にきてくださるなんて、
 嬉しさ倍増です。...
 ...1年後、またライブをしようと思っています。そのときもまた
 お誘いさせてくださいね。本当にありがとうございました。」

年に一度というのは少しさみしいですが、お体に気をつけられて、
来年もすばらしいコンサートになりますよう心よりお祈りいたしております。
ほんとうにありがとうございました。

P1000100.JPG
  
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

アンサンブルアルボラーダ演奏会 兵庫県立芸術文化センター小ホールにて

ヴァイオリンとチェロのすばらしいコンサートでした。
演奏者と曲が完全に溶け合って、なんとも言えない最高の感動を与えてくれました。
メンデルスゾーンの弦楽八重奏変ホ長調作品20は、ヴァイオリン4本、チェロ2本という
8重奏で力強さ、華やかさにあふれた情熱的な曲でした。
北浦洋子さん、植木美帆さん、ほんとうにありがとうございました。
P1000069.JPG P1000070.JPG
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

関西マンドリン合奏団演奏会

5月22日日曜日、関西マンドリン合奏団演奏会
「春へのノスタルジア」神戸朝日ホールにて

マンドリン2011_05.jpg

関西マンドリン合奏団は昨年創立50周年を迎えられました。
ほんとうにおめでとうございます。川口先生より頂戴しました
記念コンサートのアルバムを聴きながらこのブログを書いています。

東日本大震災被災地支援のこのコンサートも満員のお客様の中で
盛大に演奏されました。
心に響くすばらしい音色にうっとりとしました。

ソプラノの飯田美奈子さん、ピアニストの金子浩三さん、
司会の阿部京子さん、そして演奏されましたアンサンブルブリランテ、
関西マンドリン合奏団、アンサンブルオベリスク、アンサンブル
ピッコリーノの皆様、ほんとうにありがとうございました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

神戸チャイナ倶楽部発売記念コンサート

本当にすばらしいコンサートでした。
感動的な音楽でした。美しい音色でした。
小さな波動、大きな波動。とても悲しく、とても楽しく。
チャイナ倶楽部.jpg
ウー・ファンワールドの神戸チャイナクラブは、
ナチュラルでとてもエレガントな空間でした。
ほんとうにありがとうございました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

マリンバ・打・フェスタ2011

神戸マリンバソサエティ設立50周年記念コンサート
「マリンバ・打・フェスタ2011」 神戸文化大ホールにて。
マリンバ2011.jpg
満員の観客の中、宮本慶子先生を中心に、すばらしいコンサートが
くり広げられました。
マリンバ、和太鼓、ラテンパーカッション、ティンパニー、心からすばらしいと思いました。
子供たちの演奏にも感動しました。

東日本の震災復興を祈ってのみんなの心がひとつに、見事に表現されました。
宮本先生、間瀬さん、ほんとうにありがとうございました。

posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

阪神淡路大震災 復興15周年コンサート「彩虹橋」

彩虹橋.jpg
阪神淡路大震災 復興15周年コンサート「彩虹橋」を観に行きました。
神戸朝日ホールにて。

涙が止まらない、感動のコンサートでした。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

関西マンドリン合奏団

マンドリン50周年.jpg
関西マンドリン合奏団の、りっぱな創立50周年記念誌に私の拙文を載せていただきました。
 
関西マンドリン合奏団結成50周年まことにおめでとうございます。
 川口優和先生は、建築用語であるFacciata(ファッチアータ:
イタリア語で建築の立面・正面の姿のこと)という言葉をよく使われます。
ちなみにFaccia(ファッチァ)は人の顔のことです。
はじめてこの言葉をお聞きした時、どうして音楽家がこんな建築専門用語を
ご存知なのか、びっくりしました。
 かつて「建築は凍れる音楽である」と言った人がいます。
この言葉に対して先生は、「音楽は決して凍れるものではない。動くものだ」
「それでもなお、建築と音楽は近似的な物語性をもつものである」
「人生はトータルバランスが大事だ、建築も音楽も調和だ」
 先生の手になる300以上の楽譜は、すべて手描きです。
まるで建築における手描き図面のようでもあります。
ただ異なるのは、無数の音符の点によってうめつくされた図面だということです。
そしてこの2次元の空間の点が動きまわり、やがて3次元の(時間の要素を加える
と4次元と言うべき)密度の濃い、詩的な世界が生まれてくるのです。
 先生は、流れにまかせながら点を描いていると言われますが、それは全くぎりぎりの
正確さであって、確実さを多めにみたり、いらない余地を残したりするものではなく、
曲が要求するところに従った遊び、成功した遊びなのです。
あらゆるものから独立した彼の想像力によって自らをあらわにした遊びです。
そして現実を夢の中に移すのではなく、夢を現実のなかに移すのです。
きっと先生はすばらしい建築家なのだと思います。

 疲れを知らない創造と、人間に対する暖かいまなざし、希望の神秘がその楽譜に
織り込まれていきます。出来上がった奇跡的なバランスは、音楽における親密な
劇的表現であり、そこにおいて合奏団のみんなの心とひとつになり、曲は語り始め、
そして歌い上げるのです。
 やがて抒情的に表現された感情の結晶は、人々の心の中に入り込んで、
いつまでも住みつきます。まさに純粋な形の魅惑的なFacciataの誕生です。
 今、私たちは世界の中で同じ問題をもって、同じ悲劇と、同じ希望の中に生きています。
私たちの文明を救うためには、私たちは私たちの文明しかもっていません。
マンドリンの神秘的な音色は、詩的な機能、私たちを喜ばせる機能を持っており、
この機能は私たちの感覚、喜びと調和から来るものです。
「音楽は世界の調和である」
人々の生活を充たすため、そしてさらに文明を救うためにも、
関西マンドリン合奏団の任務もはかり知れないものと考えます。
ぜひこれからも、すばらしい音楽を、すばらしい芸術を・・・

建築家 瀬戸本 淳



posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

デュオ三木還暦コンサート

デュオ三木ご夫妻のコンサートに行きました。
大阪クリスチャンセンターにて。
三木さん.jpg 三木さん2.jpg
心に効く感動のコンサートでした。
長年苦楽の楽しさを伝え続けてきたお2人が、
人生の旅で出会った感動の音楽を私たちにいただきました。

ヴァイオリンの三木登志江さん、ピアノの三木健嗣さん、
だいぶ前になりますが、お2人に出会えた事に心より感謝いたしております。

CD「愛の旋律」を車の中で聴いています。

posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

間瀬尚美マリンバリサイタル 兵庫県芸術文化センター小ホールにて

打楽器マリンバのかなでる深い歌。
心がはじくように歌い、心がみんなの心もつなげる。

101105.jpg

心に残る、スケールの大きなすてきなコンサートでした。
坂本恵子さんの華麗なピアノにも感激。ほんとうにありがとうございました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

日中友好コンサート 神戸文化ホール中ホールにて

とても楽しいコンサートでした。
中国の 鄭 潔 のすばらしいピアノと北浦洋子さんのダイナミックも感動的な
ヴァイオリンとの共演はとても圧巻でした。
友好コンサート.jpg
張 文乃先生ありがとうございました。楽しい指揮ぶりに感動しました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

6/26(土)御影の世良美術館にて

第二回伍芳中国古筝教室発表会 in Kobe
2010_07040012.JPG 2010_07040015.JPG

ウーファンさんと毛藤さんに誘われてお弟子さん達の発表会に行きました。
古筝はむつかしい楽器と思うのですが、みんなとても上手で正直、びっくりしました。

毛藤さんの「雪山春暁」「香山射鼓」もすごいレベルの高い演奏で驚きました。
司会の役も楽しく、うまくでき、大成功でした。
ありがとうございました。
posted by セトモト at 00:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする