2006年10月17日

玉響(たまゆら)

玉響(たまゆら)という言葉が好きです。

玉と玉が触れ合ってかすかに音が鳴る。
玉と珠と球、そして魂(たま)(たましい)霊(たま)も源は同じだそうです。
短い人生で心と心がほんの一瞬ですが、触れ合ってかすかに音が・・・

草の葉に露が置かれている様も玉響(たまゆら)と言うそうです。
日本語の情操は何て豊かなのでしょう!

自分の魂をもっと磨かねばと思っています。

????〓§.jpg



posted by セトモト at 11:36| 好きな言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする